Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend

Search This Site
Others

Tam Tam

Agriculture---Team LAP------
Knowledge and Thought
Photograph Hemp  etc.....
Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
ブクログ
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
中田智弘氏

今日は朝から
「田舎のヒロインわくわくネットワーク全国集会2008」
@早稲田代宅小野記念講堂

に参加してきました。
全国の女性農業者の方々が3年に一度
農業について意見交換を行う場です。
今回のテーマは

「未来への道しるべ
 農と食のグランドデザインをえがく
 人が人としていきるために」

という壮大なテーマのもと、
3月1日、2日の二日間開催です。

そのなかのフォーラムディスカッション
(全体討論会のようなもの)で、
「ガイアの夜明け」でも紹介された
サラダ・コスモ(株)の中田智弘氏が
パネラーの一人として出席してました。

中田氏の話は一貫性と合理性があり、
でてくる質問にも丁寧に答えてました。

中田氏の話の中心を簡単にせつめいすると、

   世界は日本、日本は東京
〜アルゼンチンのとうもろこし栽培から考える
日本の食料自給率と食料輸入現状に対する意識改革〜


といった感じ。

…かたいなー。


中田氏はコスモポリタン的な考え方を持っています。
「世界は日本であり、日本は東京だ!!!」という言葉を
彼は何度か口にしていた。

それと実現力の人です。
「言葉にだしたら実際に行動しなくちゃ意味がない!!」

上の言葉は一見すると、「はっ?!」となるような言葉だけど、
しっかりとした中田氏の哲学がそこにはあります。

食料自給率や食の安全性が求められる今、消費者ニーズの人気者は
ずばり「国産」です。

生産者の顔が見える国産は安全の代名詞!
輸入物なんていらないわ!!
日本人はお米を食べなくっちゃ!!!


ですが、
中田氏は言います。
「地球は小さい!!アメリカ、ロシアは北海道で
ユーラシア大陸は本州、四国はオーストラリアで、
九州は東南アジア!!!」


「北海道から東京への輸入と
アルゼンチンから東京への輸入のなにが違うんだ!!」

「国産」という枠にとらわれることはちょっと危ないというシグナル。

全世界の境界線は薄くって、グローバル化の広がる今の社会では
土地にあった適地適作をおこなうことがもっとも効率的なんです。

中田氏はアルゼンチンからのとうもろこし輸入を画策しています。

なぜとうもろこしかというと、
アメリカのバイオエタノール政策の影響で牛さん、
豚さんの飼料用・食用とうもろこしの入手が難しくなっています。

そのためにとうもろこしの栽培に適した
地球の裏側、アルゼンチンにて
アルゼンチン特有の少し赤くて生産性の高い
(普通のとうもろこしの2倍くらいの量が一度に収穫できる)
とうもろこしを日系移民のひとたちの手で作ろうとしています。

中田氏はアルゼンチンの大地の肥沃さと素晴らしさ
(ほたるが田んぼのうえを浮遊しているとか=水が綺麗)
日本からの移住民の子孫の歴史を丁寧に説明していました。

でも、なんでアルゼンチン?
とうもろこしなら、インドとか中国で作ったほうが
安上がりじゃないの??

アルゼンチンは地球の裏側だし、
food mileage(食べ物の輸送にかかるすべてのコスト)も
高くつくんじゃない??

日本はアルゼンチンに車とか重化学系の工業製品を送ります。
その帰り、空になった船もしくは飛行機に作物を乗せて運びます。
これなら輸送費も安く済むのです!!

それに日系移民の人はアルゼンチンに住む日本人です。
彼らの手で作られた作物はアルゼンチン産ではなくって、
日本産なのです。

実際にアルゼンチンのオランダ移民が作った作物は、
オランダ本国にて「オランダ産」として売られている。


「どこで作られ方よりも、誰が作ったのかが大切なんです。」


アルゼンチンでのとうもろこし栽培の話は、
たしかまだ実行されてはいないけれど
とても説得力のあるお話でした。

「国産」に固執しすぎる消費者がいます。
国産消費それ自体はとても大切なことだけれど、
輸入食品なしに現代の日本の食卓はまかなない。悲しいことに。

だから
同じ地球のうえで、作物が適した土地に適した作物を植えて輸入する。
中田氏はより安全、安心な野菜を作れる場所としてアルゼンチンを選んだ。
アルゼンチン研修があるならぜひとも参加したい。

それと、彼は家庭菜園を奨励します。
別に単一種目それだけを栽培しろとはいいません。
自分の食べる食料は自分で作る。
足りない食材を買い足すだけでいい。

中田氏の講演内容をまとめてしまった。
ちなみに私は、彼の「世界は日本、日本は東京」という言葉を
最初はしっくりとこなかったが中田氏の話を聞くうちに納得した。

「国産」にあまりに固執するのはよくないということ。
日本を農業鎖国状態にするのは難しい。

これは新しい発見でした。

あと言葉の文脈の裏側の真相を考えることを
某T氏の熱い語りの中から悟らせていただきましたー。

人生学ぶこと多し。

追記:
文章をもう一度見直してみると、
私が国産反対派のように思えますが違います。

あくまでも中田氏の考え方に納得しただけであって
国産の重要性、地産地消の可能性は
これからも考えていこー!!と思ってます。

3月2日
Posted by wakako
Team LAP / 22:21 / comments(6) / trackbacks(0)
農業やりたい人!!Team LAP 説明会
みなさんこんにちはー
今日は告知です!

私がこのブログを始めるきっかけとなった(記録を残すために)活動、Team LAPが2期生を募集します!!

第1回目は過ぎてしまったけど、二回目が来週の火曜日にあります。
私はいけないけれど1期生が熱く活動報告してくれます!熱く!


以下説明会概要です♪
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

農業で学生が地域活性!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『TeamLAP第2期生募集!〜説明会開催〜』

   2008年2月12日(火) 18:00〜20:00

2月19日(火) 18:00〜20:00

2月24日(日) 13:00〜15:30 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  主 催:株式会社NOPPO TeamLAP http://teamlap.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



TeamLAPとは、株式会社NOPPOが2007年に開始した、学生による地域活性化プロジェクトです。『農業研修』、『農業生産』、『農産物販売』、『耕作放棄地の開墾』の4つを中心に活動を行っています。農業経営や農業技術を体系的に学ぶとともに、農業の現状に対して解決策を考え、主体的に動くことができます。

現在、茨城県行方市で13人の学生が活動しています。



このTeamLAPの第2期が2008年4月から開始します!そこで第2期生を募集する説明会を行います。

「農業のことをもっと知りたい!」、「地域活性をしたい!」、「ビジネスとして農業を見てみたい!」という方、ぜひ説明会に来て見ませんか?当日は第1期生の話も聞けるなど盛りだくさんの内容です!



【TeamLAPの活動】

■1年間を通して、月に1回程度、現地で宿泊を伴った活動を行います

・農業研修:農家さん宅に宿泊、農業技術を学ぶ

・農業生産:自分たちの畑で農作物を育てます

・農産物販売:自分たちや研修農家さんの農産物を「どうしたら売れるか?」「付加価値のつけ方は?」など販売戦略をたて、販売します。

・耕作放棄地の開墾:地域にある耕作放棄地を開墾、農地として利用します。



■都内でミーティングやイベントなどを行います

 現地の活動をより発展させるために東京でのミーティングや勉強会を行います。



【参加費用】

無料(但し、必要経費として、現地までの交通費・保険料がかかります)



 =================================
 ■ 説明会詳細 ■
 =================================
 □日時: 2008年2月12日(火) 18:00〜20:00

2月19日(火) 18:00〜20:00

2月24日(日) 13:00〜15:30  

★TeamLAP第1期生の話も聞けます!

□会場: 株式会社NOPPO

    東京都中央区新富1-9-4ファンデックス銀座3F

    (日比谷線、JR京葉線八丁堀駅から徒歩5分

     有楽町線新富町駅から徒歩3分)

□対象者
  ・農業に興味のある大学・大学院・短大生

・1年間活動に参加できる人


 =================================
 ■ 申し込み方法 ■
 =================================

 下記のページの入力フォームよりお申込みください。

http://form1.fc2.com/form/?id=261092
 
 =================================
 ■ お問い合わせ ■
 =================================

 ○株式会社NOPPO (TeamLAP担当 小辻、脇坂)

東京都中央区新富1-9-5ファンデックス銀座3F

Tel: 03-3523-1899  e-mail :teamlap@teamlap.net
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後まで読んでくれてありがとうございます嬉しい
実際に2月からは毎週土曜日(活動日の第3週目を除く)、
野菜ソムリエの店Ef用賀店で学生がお世話になっている農家さんの野菜を売ってます。

Efのホームページ
<http://www.efagri.co.jp/>

販売以外にもリーフレット作成や自主ミーティング(活動方針などを話し合う)、野菜の勉強会などなどもりもり活動してますおはな
3月にはじゃがいもの作付けをします!!年間に栽培する野菜も決まっていて、これからが楽しみです♪

興味のある人は説明会に参加するもよし!私に個人的に連絡くれるもよし!!
ANY TIME OKEY−DOKEY!!
Posted by wakako
Team LAP / 15:09 / comments(0) / trackbacks(0)
Team LAP 研修2回目 10月19日〜21日

今月19日(金)から21日(日)まで、
Team LAPの第2回研修でした〜
もう早一週間がごしですが〜、活動報告します!!


前回はあいにくの雨模様でほん〜の少ししかお手伝いが
出来なかったけど、今回は前回よりもたくさん働いてきました〜!!!
わ〜い!わ〜い!\(’V ’)/


前回もちょっと説明したんですが私がお世話になっている
農家さん御一家は今の時期はさつまいもの収穫が主な作業です。

なので、
さつまいも堀り、さつまいも収穫後の処理
(キュアリング処理;急速な温度変化によってさつまいもに表面にコートのような層を作り四季を通しての保存を可能にする)、
箱詰めなどなど教えてもらい、探り探りお手伝いしました〜。





さつまいもは奥が深い!!!!!





なにが奥深いかというと、さつまいもの収穫には!
単純作業でありながらも

     繊細

       かつ!

         細やかな気配り

                が必要なのです!!

いや〜、神経使った。

なぜなら〜、
さつまいもでも、他の野菜でも
形とか色が綺麗なものがほしいと思っていませんか〜?

そんな買い手のニーズに答えるお野菜を作るには
作業過程において細かい気配りが必要なんですね〜

でも、野菜って全部が全部きれいなかたちではできない!
それに収穫の途中でどうしても傷ができてしまう。

さつまいもの形って収穫のときはまるいのやら、
らっきょうみたいのやら
おもしろい形がたくさんある。

でもやっぱり、スーパーとかで売られるものは
形・大きさ・みためのきれいさがそろってないと
売れないのが市場の現状らしいです。

そのためにはL・M・Sなどなど
細かい規格基準が設けられていて(JAの場合)
その選別の作業もある。



なんだか、これって画一的な現代社会を象徴するようにも思える。
みんなと一緒じゃなきゃダメ。
「違う」人は排除、みたいな。



なので、農家さんというのはただ野菜を育てるだけではなくて
野菜を「いかにおいしそうに見せるか」
   「いかに売れるようにするか」
という技術も要求される。
というかそれが野菜の味と同等に重要な位置を占めます。




こういった農業における具体的な販売戦略的な話は
LAPに参加して実際に話を聞かなくては
到底知ることが出来なかったと思う。

それに、
LAPの活動で
自分の中の農業というイメージが
漠然と、霞んでいた空想から
現実の中で息づき始めているのを感じる。
まだ農業経営とかわからんし、
それがすべてなのかもわからんけど。

日々の自分たちの「当たり前」の生活と
行方に住んでる人たちの「当たり前」の生活が
交差して、お互いの日常を再認識できるきっかけとなりそうな予感。





なんだか活動報告とは言えない内容になりました〜。
しかも最後にかっこつけて書いたのは
他のメンバーが熱く語っていたことの引用だし。 笑
とにかく来月の活動も楽しみです♪

きっとNOPPO(LAPを運営している会社)の社長から
クレームがきますね〜。
なんとここの社長若干23歳なんです!
しかも23に見えない!!(どやされるー)

興味を持った方はぜひHP見てみてください
TeamLAP2期生も募集しているので!


農業総合支援企業NOPPO<http://www.e-noppo.net/>


お芋ほってま〜す
お芋ほってまーす


行方のさつまいも畑〜。一面いも!!!
一面いもー!!!
Posted by wakako
Team LAP / 23:35 / comments(0) / trackbacks(0)