Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Recommend

Search This Site
Others

Tam Tam

Agriculture---Team LAP------
Knowledge and Thought
Photograph Hemp  etc.....
Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
ブクログ
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
『宇宙戦争』『トゥモロー・ワールド』『夜と霧』『犬猫』
明日というか、今日22日の予定(仮)

7:00〜起床(あやうい)
8:30〜9:00 LAPのこと(さつまいも報告)
9:00〜10:00 知識・思想勉強会のフーコーの文献を読む
10:30〜12:00 美容院(予約が取れれば)
13:20〜17:00 授業(経済学史は面白い)
17:00〜23:00 写研にて焼き(6月2日〜7日までの開催です☆)

こんな予定を組む時間があるなら早く寝なさいという話ですね。
けど人にはやらなくてはいけない時がある!!今…たぶん!
それは最近見た映画のレビュー(もどき)を書くことである!

題名はすべて映画の名前。
この映画たちは主にというかすべて今期から通年でとっている『映画論』で
藤崎康氏が薦めていたもの。

『宇宙戦争-War of the worlds−』(2005)
監督:スティーブン・スピルバーグ
原作:H・G ウェルズ
キャスト:トム・クルーズ、ダコタ・ファニングetc

地球人VS異星人のありがちなSF映画という風にとらえてしまいそうだが、
この映画でトム・クルーズは一切戦わない。ある種異質な戦争映画。
映画論で一番はじめに取り上げられた作品で、「スピルバーグって聞いたことあるよ」レヴェルだった私に映画の面白さを教えてくれました。といってもまだまだ解釈がおいついていない段階で私がわかる、面白いと思えるのは画面の色の具合(この映画なら全体的に光量と彩度を抑えたメランコリックな画面。特に青色がかった灰色の具合は素晴らしいとのこと)から生じる全体の雰囲気。

全体の色合いがすき、ということで言えば

『トゥモロー・ワールド』(2006)
監督:アルフォンソ・キュアロン
原題:Children of Men(人類の子ども達)
出演:クライブ・オーウェン、ジュリアン・ムーア

wikipediaで調べたらこの映画のすごさは画期的な技術に支えられた驚異的な
「長回し」シーンであり、このシーンがあることで観るものは映画の中に放り込まれたような臨場感を体験するらしい、があんまりそこはわかりませんでした。もう一回みたい。
私が好きだったところは主人公のセオとキー、ミリアムが廃校に着いて朝日の中に車が現れる場面、全体的に光量がオーバーな感じでオレンジがっかっていて幻想的な映像だった。

『夜と霧』(1955)
監督:アラン・レネ
ナチがアウシュビッツで行ったユダヤ人大量虐殺を告発する全32分の短いドキュメンタリー映画。…説明しようと思えばできますが、なんだかする気になれない映画。でも『いのちの食べ方』を見た後と似たような余韻というか印象を受けた。かなり題材は違いますが、どちらも『生と死』のかたちを表したものです。

んーこれもやっぱりもう一度みたい…かな。


そしてそして!
『犬猫』(2004)
監督:井口奈己
出演者;榎本可奈子、藤田陽子、押忍修吾、中島俊秀、小池栄子

最近は『人のセックスを笑うな』で話題になった井口監督です。
正直『人セク』は松山ケンイチと蒼井優ちゃんを見に行きました。
けれどこの映画で井口監督の素敵さを再発見ぴかぴかやはり私のポイントは画面の色合い。
犬猫の画調は暗さはあまりなくて全体で光量がオーバーなやわらかい印象。(この感じが好きなんです。)
特典映像に増感前のフィルムというのが使われていて、映画のフィルムでも増感をすることをはじめて知った。写真のフィルムの増感はなんとなくしっていいたけど、あんな素敵な映像を作れるのなら、ぜひとも写真で増感技術をマスターしたいと思った。

ヨーコ(榎本可奈子)とスズ(藤田陽子)が一緒に住んでいる平屋の一軒屋はまさに理想のお部屋です。次はあんなところに住みたい。その理想のお部屋の中、二人の女の子同士のかけひきというかつながり、自然な会話がとてもなごむ。特に藤田陽子ちゃんはとってもやわらかくってかわいい。あんな人になりたいなーとしみじみ思ってしまうほど。

いっちばんきれいだと思う場面はヨーコの包帯をお風呂上りのスズが巻きなおすとこ。
間接照明の中下アングルからカメラは二人をとらえて、たわいもない話をしながらスズがヨーコの包帯を巻きなおす。スズの顔がなんとも色っぽいのです。

映画の説明の中で「光量がオーバー」って言葉を2回も使っている…。
要はこの観点でしか映画の色調をとらえていないってことだよね。まだまだだなー。
あとちょっと前に『イージー・ライダー』見た!
ピーター・フォンダはセクシーでした。ジャック・ニコルソンもかっこよし。

みなさん、お薦め映画教えてください。


わー深夜2時です。さあ寝ましょう。
Posted by wakako
movie / 02:12 / comments(0) / trackbacks(0)
最近撮った写真


昨日はズッキーニとたくさんの野菜を使って
おいしいラタトゥイユ(のような)スープを作った。

スープに入れたミニキャロットの葉は茹でて酢味噌あえにした。

今日は朝から湯船につかって「デスパレートな妻たち」を英語字幕でみて、
写真をまたスキャンして…午前中だけで満足しそうである。

もう寝ようかな。
Posted by wakako
Photograph / 12:02 / comments(4) / trackbacks(0)
最近撮った写真とひとりごと




今日はあいにくの雨で、昼間は何もせずに時が進みました。
今は暗室に居て、久しぶりに焼いた写真をスキャンしてみた。

干してある友達の写真が素敵で、尊敬の感情と一緒に劣等感を抱く自分がいて、
そんな心情に嫌悪感を抱く。

本当は新しく焼きに来たのだけど、この心持ちを文字にしなくてはいてもいられなくなって、向かっているのは引き延ばし機ではなくてMacの前。

こんな倦怠的感情はきっと雨のせいだ、と責任転嫁をして気持ちを紛らそう。
自分の感情と向き合うことは体力といっぱいの時間が必要で、向き合っていくほど自分が感情によって突き動かされていることがわかって、ごちゃごちゃんの思考回路へと到達する。

こころと向き合うことは不毛でしょうか。

モラトリアムな学生の思うこと、非生産的であたりまえなのです。




Posted by wakako
daily / 18:39 / comments(4) / trackbacks(0)
間取りの手帖remix (ちくま文庫 (さ7-1))
生協で気になる本を見つけました。

まず目に留まったのは著者の名前「佐藤 和歌子」
私の名前は「伊藤 和歌子」
和歌子という名前はなかなか遭遇しないので、手にとって見る。

本の内容は佐藤さんが見つけたおもしろ間取りの数々と、
それに関するコラムと対談が載っている。

実は今日立ち読みしただけで、まだすべて読んでいませんww
レビューなんて書くなよ、と突っ込まれそうですが、知らんぷり。

対談の相手にくるりの岸田氏がいて、彼と佐藤氏の対談を立ち読みしながら
不覚にもにやにやしたり、時々は噴出してしまったり。
確実に不信人物でありました。

また本屋に入ったときに我慢できなくなったら買うつもりです。

余談ですが、私は小説とか新書とか買うのも好きだけど、こういった類のいわゆる小ネタ的な本を買うのが好きです。

以前買ったのは
『イスラムジョーク集』…電車の中では確実に読めない代物です。しかし、ブラックジョークなど大丈夫な人にはぜひ勧めたい一冊。特にイラン人のあたりが笑えます。


さて、明日はLAP仲間のももちゃん、くーたと一緒に東大のインカレサークルSOLA(日本の農業を活性化する人たちの集まり)の新歓説明会に行ってきます。
Posted by wakako
BOOKs / 00:50 / comments(3) / trackbacks(0)
グッデイグッデイ

夕暮れの新宿をお散歩。
ミーティングのため(Team LAP)に週に一度は必ず新宿に現れる私。
ミーティングのときは大抵京王線の西口を使うけれど、
今日は違う新宿を歩いてみた。

埼京線の出口、新宿ミロードの向かいから歩いて
ぐるっと東口までのお散歩。

耳にはいつものsalyuの歌声。
ミロードの前、喫煙所に群がる人びと。

こんなにたくさん人がいるから、
お互いに無関心になるんだと思った。
だって、全員とあいさつしていたらきっと疲れてしまう。



いろんな人がいて、いろんな場面があって飽きない。
6月展(写真研究部の年2回の活動のうちのひとつ)に出展を決意したわたしは、ついついその場を切り取って題名をつけて遊ぶ。

喫煙所の人たちの題名は「marginalized people」になるだろうww

アルタへの近道でかわいらしい雑貨のお店と出会ってアロマキャンドルを購入。
周りはいい味だした居酒屋とか、右隣は表札屋だしで
急にメルヘンな世界が現れて少しびっくりするけれど、
そのギャップが素敵。この世の中、ギャップがなければなりたたない。



写真を撮りにまた行こう、夕暮れの新宿。
歩いてー歩いてー考えてー。
ぶらぶらするって楽しいなー。
Posted by wakako
daily / 00:53 / comments(3) / trackbacks(0)
ことば
Today, I had two classes. Both of teachers speak in English. Students of class as well.

 One is the class of Cultural Studies which mainly teach about the representation of Japan. For example, how Japan is expressed in magazin, poster and TV. I disscuss my interests of representation, Orientalism with new friend. I mean who is not my friend before this class. I cannnot use English to discuss. Because I care too much about my appearance. Just feared to display my innability.

 The other is the class of English Literature whose theacher is very gentle and kind teacher. I also took his class last semester. And when I applied to the scholorship of Indian Goverment to study in India, he wrote the recommendation letter for me ,although I asked him a week before the dead line !!(I was so stupid!)

Without those things, he is really tremendous person. In his class, I will read some novels or short story. For example, Banana Yoshimoto, Haruki Murakami and I foregot the name of author but the title is " on the road". It is the one of the "Beat Generation" Literature. Actually, I really interested in the movement of 1960〜1970 which is called the hippie movement. Just like Love and Peace!! Maybe next week we'll chose the author.

I talked with the teacher in private. But I felt the difficulties to talk with him because of my poor English, I don't know much vocablaries and conversation skills. I was dissaponted with me and same time, I felt like a fighting cock!! I wanna talk with him more fluently and sometimes cut in with a jork !

Yes ! I plot my future! I will think, speak and listen in Englsh as one of the methods of percepting my world ! My world is limitlessness!!!

And I will go to AGEHAon 5 May ♪ BOOM BOOM SATELITES will play !

I cannot wait !!

なんて英語書いてみたり。ふふふ、スペルミスなんておてのもの。読めたあなたはむしろ天才。つまりはことばをぼーだーれすにしたいねって思うんです豚あっ言葉にぼーだーなんてないか、失敬失敬。

 
Posted by wakako
Knowledge / 01:14 / comments(1) / trackbacks(0)
爆笑問題のニッポンの教養 「プロファイリングによると…」
テレビを見ました。

というのも、自他共に認めるほど私はテレビをみません。
ギャル曽根とか、アッキーナとか人様に言われてはじめて知ったし。

番組はNHK23:00からの30分番組、『爆笑問題のニッポンの教養』。

今回のお題「プロファイリングによると…」は、
元山形県警科学捜査研究所の主任研究官・桐生正幸
(現在、47歳で関西国際大学教授!娘は大学3年生と2年生!!)
と爆笑問題の二人の対談形式で
「なぜ人は犯罪を犯すのか?」を話の軸に番組は進んだ。


この番組でおもしろかったのは、太田氏。
私は太田氏のことをあまり知らないのですが、
番組の中の彼は身近な簡単な言葉で
彼の中にある論理をとうとうと述べていた。

少し熱っぽく、時折抽象的に(私が理解できなっただけかも)。


特に一番好きだったところは、太田氏が人が人を殺さないようにするための
彼なりの方法を言ったところ。


彼いわく、

「犯罪を犯す人の人生を楽しくすればいい」。

人生・生活が楽しくないから、刺激を求めて犯罪を犯すんだ。
(猟奇殺人とか犯行動機が「殺人」それ自体にある事件)

ならそいつの人生を楽しくしてやればいい。

それが僕らのお笑いだったりするんだ。

人生が楽しいってわかれば、他の人の人生も楽しいってわかるかもしれない。

そうしたら殺人なんてしなくなるかもしれない。



…ていう内容だった気がする。(文章は正確じゃないよっ)


何が好きなのかって、太田氏なりに「殺人をなくすには」という
問題に対して「答え、解決策」を提案していること。

人生を楽しくするって、そうそう簡単にできることじゃないけど、
「僕らのお笑い」で楽しくできるんじゃないかって彼がいったことに、
行動と言動の一貫性を見たようで深く納得してしまった。

この番組は題名にあるように「教養」をつけるために、
幅広い分野の「知識」を取り上げている。

自分も「知識」を学ぶ端くれであるが、どうも「単語」に頼る嫌いがある。
たとえば
「ヘゲモニー」「イデオロギー」「言説」「社会」「企業」「資本主義」

これらの単語を聞くだけで物事のすべてがわかったような気になる。
言葉を知っていても、本当に、本当に理解してわかって使っているの??
自分に問い続けます。

だからこそ、「単語」で話さず自分の中の言葉で話す太田氏が素敵に思えた。

あー、明日から授業開始。
これから履修考えなくっちゃラブ
Posted by wakako
Knowledge / 00:11 / comments(0) / trackbacks(0)
April 8



Yukimi Nagano の歌声が頭から離れない。

今日は久しぶりに外食しました。
立川でバイトの面接があってその後、
ルミネの地下にあるSoup Stock Tokyoで
そら豆とえんどう豆の春カレーを食べました。

セットのスープはボルシチ東京を選んで。
そら豆とえんどう豆のやさしい味がおいしくて、
やっぱり豆カレーは素敵だと再確認しました。

ドリンクもついて1050円なんだけど…お手ごろ価格のはずだけど…

私にとっては高い!

そうなんです、最近毎食自炊することを心がけています。

毎日ご飯を炊いて、(お米は食の基本です!とかいって)
朝はお味噌汁とご飯+α
お昼はおにぎり、
夜はまたお味噌汁とご飯+α

こうやって生活すると、一日に一円も使わない日が出来たりする!!
節約に楽しみを見出し始めてしまいましたおはな 

さぁーこれからダンスのレッスンだ!!
Posted by wakako
daily / 17:42 / comments(0) / trackbacks(0)
ケリーちゃん

金田家のケリーちゃん(♂)






ちょっと近づく







もちょっと近づく








更に近づく





あっ起きた。






そんなこんなで3月合宿の終わったTeam LAPでございます。
Posted by wakako
Team LAP / 01:31 / comments(6) / trackbacks(0)
from なめがた
リンク追加しました。
Team LAPでお世話になっている農家さん、
金田農園さんのホームページです嬉しい

今、茨城の行方に来てます。
金田家全員で家族ビデオの鑑賞会。

とってもあったかいんだー♪
Posted by wakako
Team LAP / 21:31 / comments(2) / trackbacks(0)